生命保険は貯蓄ではカバーしきれない部分も補償してくれるため、安心を手に入れることが出来ます。

MENU

生命保険

生命保険 とは?

生命保険というのは、病気や事故などによって一定の収入を保つことが出来ない、仕事が続けられなくなって働けなくなった時などに補償をしてくれる制度のことです。

 

生命保険というのは加入者によって保険料が貯蓄され、大きな共有の財産を作ることで成り立っています。いざというときは、この共有財産から支払われることになります。

 

生命保険に加入しておくことで、万が一、死亡してしまっても遺族にお金を残すことが出来たり、高額な入院費もサポートしてくれるなどの手厚いサポートがあるので安心して日常を過ごすことが出来るようになります。

 

 

保険に加入しておくことで手厚いサポートが受けられる

サポートイメージ

毎月一定の支払いをしておくことで、万が一の場合に手厚いサポートを受けることが出来ます。
これが生命保険の特徴となっています。
将来起こる可能性がある「大きなリスク」をかなり軽減させることが出来ることが魅力です。
保険に加入しておくということは「安心」を手に入れるといっても良いでしょう。

 

 

保険に加入するのとしない差

保険に加入する人もいれば、しない人もいますが、している人の方が将来的に見て安心を手に入れることが出来ます。それは「資産形成」の考えがしっかりとしているからです。
自分が働けなくなったら誰が家族を支えるのか?と考えると凄く理解が出来ると思いますが、貯蓄だけではサポートできないケースが殆どです。

 

一方の保険の場合は、事故、入院などによって何かしらのトラブルが発生した場合はその間ずっと補償をしてくれますし、その後のサポートも手厚いものが多いです。

 

つまり貯蓄ではカバーしきれない部分も補償してくれるということです。
これによって安心の生活を過ごすことが出来るだけでなく、自分にとっても家族にとっても最高の状態で暮らすことが出来ます。

 

保険というのは1度の人生を過ごす中で何時起きるか分からない「リスク」に備えることが出来る最高の制度となっています。