自動車保険は自動賠償責任保険では補うことが出来ない領域をカバーしてくれます。

MENU

損害保険

損害保険ってなに?

損害保険というのは保険の種類の一つになりますが、ケガ、自然災害、盗難、旅行など、の損害をカバーする保険のことです。

 

一定額を毎月支払う生命保険と違って、損害額によって保険金の支払い料金が変動する「実損払方式」が基本のスタイルとなっています。
保険のタイプには様々なものがあり、お客様自身のニーズに合わせて幅広く対応が可能です。

 

 

損害保険の種類とは?

自動車保険 その名のとおり、自動車にまつわる保険です。事故における補償を行ってくれます。自動賠償責任保険では補うことが出来ない領域をカバーしてくれるものです。運転するなら必ず加入をオススメします。
火災保険 火事による損害を補償してくれる保険です。賃貸マンションの場合は事前に加入するケースが多く、何か分からないうちに入っていたという例も実は多い保険です。
地震保険 地震だけではなく、地震が原因で津波が発生した場合は、それに関わる補償を行ってくれる保険です。ただし、地震保険は火災保険等とセットで取り扱われていることが多いです。
傷害保険 事故、入院、死亡、通院、医療に関わる保険といってもいいでしょう。その際の支払いをサポートしてくれる保険です。

入っておくことで高額な入院費を支払わなくてすんだり、退院時にお金をもらえるなど様々なプランがあることも特徴となっています。

旅行保険 旅行中のケガ・病気、または持ち物が壊れた、盗難にあったなど場合に補償をしてくれる保険となっています。

 

このように損害保険にも沢山の種類があります。
まずは自分に必要な保険に加入しておくことをオススメします。

 

 

損害保険のあり難さと大切さ

損害保険はどれも大切なものですが、この中でも自動車保険、傷害保険は非常に利用者が多いことでも特徴です。

 

自動車保険の場合は運転をする人なら必ず加入することをオススメします。

万が一、死亡事故、重大な事故を起こしてしまった場合は、保険に加入していない場合は一生支払い生活になる可能性があります。

 

保険に入ることで、相手側にも自分にとっても多くのメリットをもたらしてくれます。

 

傷害保険も生命保険も同様です。
万が一の入院の際に支払いを援助してくれる素晴らしい制度となっています。