損害保険に加入することで、あらゆる突発的なリスクに備えることが出来ます。

MENU

TOKIO MARINE

 

東京海上日動火災保険

 

TOKIO MARINEとは?

「TOKIOMARINE」と聞くとあまりピンと来ない方も沢山いるかもしれませんが、正式名称としては「東京海上日動火災保険」といいます。
日本の損害保険会社の一つとして数えられており、東京海上ホールディングスの子会社となっています。

 

歴史を紐解いていくと、2004年に東京海上火災保険と日動火災海上保険が合併したことによって誕生した保険会社のことです。
呼び方は様々ありますが、一般的には、東京海上日動、東海日動、「TOKIOMARINE」などと呼ばれています。

 

 

TOKIO MARINEの保険の種類とは?

メインで言えば、自動車保険が最もメジャーといえるでしょう。
他にも災害保険などもありますが、多くの方は自動車保険を利用する際に選んでいることが多いように見受けられます。

 

損害保険というものについて詳しく解説をしておくと、保険にも沢山の種類がありますが、「実損額」に応じて補償される保険を損害保険といいます。
生命保険、入院保険は「死亡、入院」をしたら補償しますという内容ですが、損害保険の場合は、交通事故を起こしてしまったら支払われるという形になります。
他にも自然災害、盗難、損害賠償責任に問われることに関しても対応することが出来ることが特徴で、考えられるリスクに予め備えながら保険を支払うという形になります。

 

あらゆる突発的なリスクに備えることで、私たちの暮らしをより快適に過ごせることが出来るようになります。

 

自動車に乗るのなら損害保険はとても重要

保険について甘く見ている方も沢山いると思いますが、車を沢山乗る人にとっては馬鹿にしていられません。

 

具体例を挙げると、どれだけ安全運転をしていたとしても、歩行者が信号無視をして交通事故を起こしてしまえば、それは車が100対0で悪くなります。

つまり保険に加入をしていなければ、その事故の加減によっては大きな支払いのリスクが生じます。
こういった場合に損害保険に加入しておくことでリスクを減らし、車の運転をより安全にすることが出来ます。

 

損害保険にも色々なタイプがありますが、保険を甘く見ている方、加入していない方は直ぐに再検討をすることをオススメします。